FC2ブログ
仕事も遊びも100%あくてぃぶママの気付き日記です
2009/07/31(金)23:44

喚起”って大切
    自分の脳にインストール     Enter

 


 


関東は梅雨明け宣言されましたが
まだまだ不安定な天気が続いています。

6月29日(月)はなまるマーケットで放送された
“梅雨時のキッチン シンク周りのニオイ撃退”をやっと見ました。
ピーカン照りの日に…(^_^;


30種類のニオイを嗅ぎ分けることができる
臭気判定士(国家資格)の松林さん(におい刑事(デカ))が
一般家庭の台所をチェックしてました。

  におい刑事さん、TVでもかっこいい (*^_^*)


ニオイの公式があるそうです。

キッチン + 梅雨      + 夏    = ニオイ     
栄養     水分       温度      カビ雑菌繁殖
食べかす  湿度70%以上  25℃以上


ふーん…


<台所でニオイが発生しやすい場所と対策>

�三角コーナー
  夏場は、台所用の中性洗剤で3日に1回洗う。

�排水口(蓋、トラップ、ストレーナー{内側のかご}、管の中)
  夏場は、台所用の中性洗剤で3日に1回洗う。

�ごみ箱
  底に新聞紙を敷き、重曹をまく。
  (重曹はアルカリ性で、酸性のニオイを中和させる)
  生ごみは、しっかり水を切る。
  (新聞紙で包んで、さらにビニール袋に入れ、しっかり口を閉じる)

�タオル
天日干し出来ない時は、
  鍋で5分煮沸消毒
  簡単な方法
      ↓
     ドラーヤーを1分あてる。 

�冷蔵庫の下にある蒸発皿
   乾いた時と水分が溜まっている時があり、
   カビ,雑菌が増える。ゴキブリのエサになる。
   月1回掃除

<梅雨時の喚起の注意>
  窓を開けずに換気扇を回すと、排水口からのニオイを引っ張ってしまい
  台所が臭くなる。
  必ず、窓を開けて、空気の入り口を作る。


見てる途中から、掃除したくなりました。

真っ先に向かったのが、冷蔵庫!

最近、掃除した記憶が無い!

「蒸発皿はどこ!?」

えーっと、えーっと、
確か買い換えた時に、下には無いと言われたような…

「マニュアル探さなきゃ!」
が、
タイムアウトで探すのを断念しました。
休みの日に、落ち着いて探そう…。

あと、家の大掃除したい気分です。

空気の入れ替えって、やっぱり大切なのね。
私は、冬でも窓を開けて、空気の入れ替えをしてしまうのが大好き!
(家族からクレームが出ます…)
梅雨でも、うっすらと窓を開けています。
正解で良かった~

新鮮な空気は、心もリフレッシュ!
きれいな家で、
   家族が笑顔で過ごせそうです。
                          バージョンアップ完了!

 


 


におい刑事さんのブログには、他にも色々役立つことが載っていました。

冬場のブーツ消臭とか……
助かります

TVやラジオの収録裏話もおもしろいです。





  






スポンサーサイト
2009/07/30(木)22:00
新しい試み”って大切
    自分の脳にインストール     Enter


新ドラマ『オルトロスの犬』1回目を見ました。
(金曜日の朝に再放送有り)
録画ですが…
リアルタイムじゃありません。
そういえば、視聴率って録画分はカウントされないんですよねぇ
こんなに媒体が増えた今、TVの前でリアルタイムで見ている人って
どれだけいるんでしょう…
調査機材が付いているお家はがんばって見ているんでしょうか。
私の周りでは、TVじゃなくて、PCや携帯で見ている人が
増えているんですけど……



『オルトロスの犬』ですが、テンポ良くておもしろかったです。
次回からも楽しみです。
うちの娘は、一気に全部見たいと言ってました(笑)


マインドマップの練習で、第1話をまとめてみようかと思いましたが
そんな暇はございません。
次回も、まったり気楽に見るだけになりそうです。
録画した分の編集もしないような気がする…



竜崎が留置場で着ていた衣装は、どうなんでしょう?
天使色?
かっこいいのですが、Lっぽかったです。

あ、衣装で思い出しました!
TBSサイトのプレゼントクイズに応募しなくっちゃ!



またドラマの話に戻って…
過去のシーンは気になります。
竜崎(滝沢秀明くん)が本当の犯人なんでしょうか?
何したの? 何したの?
意味深で気になるー!
最終回までお預けですね…ワン!

碧井(錦戸亮くん)のあのお守りもどんな意味があるんでしょう?

二人は同じ一族なんでしょうかねぇ
妄想がどんどん膨らみます(爆)



番宣では、脚本の書き方がアメリカと同じ方式なんだとか言ってました。
新しい試みとかなんとか言っていたような…(言ってなかったかな???)
たくさんドラマがあるから、新しいことしてくれないと
先が読めてつまらないです。

複数のシナリオ作家の内容をどうやってまとめているのか気になります。
シナリオ作家の卵ちゃん達に、見学させて欲しい (^_-)
ついでに収録も!(こっちがメイン???)



今回のタッキーの髪の色は黒です。
悪魔のイメージでしょうか?
私は、タッキーの茶髪か金髪が好きですが、
今回の黒髪もOKです。
殿(演舞城)の時も、黒髪はOK!


ああ、早く金曜日の夜にならないかしら…
今週は、出かけたり朝が早かったりしたので、
一週間が長く感じられます。
                      バージョンアップ完了!

 
TBSのフリペをまだゲットしていません。
どれだけ『オルトロスの犬』が載っているかしら?






2009/07/25(土)10:56
行くことの目的”って大切
      自分の脳にインストール     Enter


美しい不思議が好きな私は、
“オーロラコンサート” “クリスタルボウル” の言葉に引かれ、
観月流和気道代表の観月環さん
「一瞬で幸せを呼ぶコンサート2009」に行ってきました。
ナビゲーション:観月環さん
音楽:小久保隆さん
ハープ:野田千晶さん
2009年7月11日(土)昼の部 開場14:00 開演15:00
             (夜の部は開演18:00)
会場:よみうりホール(有楽町)

パソコンで『よみうりホール』を検索しても
私の記憶している場所は、ビックカメラ。
うーん、どこだろうと思ったら、
ビックカメラが入ってるビルの7階でした(^_^;)

3D感覚が麻痺しておりました。



ビックカメラ1階から
7Fの会場に行くため、エレベーターに乗ろうとしたら
「入場される方は、階段にお並びください」の声が…

「えー、7階まで階段で行くの?
 もう開場時間なのに???」

とりあえず様子見で7Fに行きました。
下りた途端に、
「このまま下に戻って、1階から階段に並んでください」
と押し返されてしまいました。

私はエレベーターには戻らず、同じ階の喫茶店に避難してました。

だってー、癒されに来たはずなのに、7階まで階段で昇ったら疲れるでしょー!

ヘトヘトの状態で、良い“氣”が体に入るとは思えない…
どうせなら、緑が多い中で待ちたかったです。

後から聞いた話だと11時から待ってる人がいたらしい。
自由席だから、前で見たい人が多かったのね。


とりあえず私は1階席をゲットしましたが、
すぐに1階は満席となり、人が2階に流れていました。


ロビーではCDや本、ドリンクの販売がありました。

「オーロラの写真」2種類はサイン付き、会場特価でした。

『一瞬で幸せを呼ぶCDブック』が先行発売されていました。
本には、観月環さんが七夕の日に書いたサインと、
特別な時しか押さないという落款がありました。

聞くだけで氣が巡るCDとかもありました。
和気道のエクササイズ用だったかしら???



会場内は、ライトでオーロラのような光が天井に映されていました。
流れていた音楽も癒される感じです。

コンサートは、観月環さんが中央に立って氣を送るパフォーマンスで始まりました。
<舞氣功エクセレントバージョン>
映像と音楽が氣の流れをイメージさせました。

クリスタルボウルの演奏を初めて聴きました。
ちょっと不思議な感覚。
 

観月環さんの誘導で、瞑想タイムもありました。
が、
子供達の声が気になり、瞑想できません。
修行の足りない私だけだったんでしょうか…

ユーミンのライブは、6歳以下は入れなかったのに…

小さい頃から良いものに触れさせたい。
家庭の事情で連れてくるしかなかった。
そういうのは、よーくわかるんですけど…。
でも…

私の場合、子供が親の言うことを判断できるようになるまで
コンサートに行くことを我慢してました。
我慢したため、もう二度と行けないライブもありましたが(号泣)、
それ以外はなんとかなってます。

私は子供の話し声、叫び声、バタバタ走る音を聞くために
高いお金を払ったんじゃないのに…
(心が狭くてホントごめんなさい)

でも、子供や周りに気を遣って、親も落着かないよねぇ
何しに来たかったの???

集中できない私には、それがちょっと残念でしたが、
癒されるコンサートでした。

このコンサートに行く前は、
宗教ぽかったらどうしよう。
暗~い雰囲気だったらどうしよう。
と少ーし心配してました。
でも、普通のコンサートと同じ感じでした。
グッズに群がる感じも同じだし…。

私の席の周りでは、泣いてる人はいませんでしたが、
帰る時に感動で泣いたと言ってる人がいました。
他のアーティストのライブだって泣く人はいます。
同じですね。
変な心配をする必要は無かったです。




前回は、コンサート翌日から良いことがあったと報告があったとか。

私の場合はどうだったんでしょう???
うーん…
観月環さんのコンサートではプラチナチケットでは無かったので返金されず。
翌日は、ましゃのライブでしたが、プレゼントも紙飛行機もゲットできず。
仕事は、変わらず忙しかった。
シナリオの合宿では、何も賞を取れず…。
とマイナスなことばかり考えてもいけませんね。

お出かけは無事に行って帰ってこれたし、
合宿とセミナーで沢山の素晴らしい人と出会えたし
仕事では話したことが無い人たちに、私の仕事ぶりを理解してもらえたはず。

満月の七夕と皆既日食の間だったし、きっと見えない変化があったことでしょう!
                      バージョンアップ完了!


お土産は、水晶(?)のストラップでした。

    20090711ストラップ



2009/07/18(土)23:16
自分の人生を飾る”って大切
    自分の脳にインストール     Enter


ブロードウェイミュージカル『COCO
ココ・シャネル。
-世界を動かした女の行き方-

出演者:
鳳蘭さん,湖月わたるさん,
岡幸二郎さん,大澄賢也さん,今陽子さん,鈴木綜馬さん,他

7/6~7/20 ル テアトル銀座
7/25~全国ツアー

7/17(金)開場12:30 開演13:30 休憩14:55-15:15 終演16:05

殆どが女性客でした。

ストーリーは、ファッションデザイナー“ココ・シャネル”が
お店を閉めて15年経ってから、再起を決意してからの話です。
時代遅れと言われても自分の才能を信じてショーを決行するココ。
過去の思い出、モデルとの出会い、ショーの結果など、
波乱な人生を2時間40分で表現していました。

セットはシンプルですが華やか。
シャネルの服そのものって感じです。

生演奏で、ピアノがとても効果的に流れていました。


ココ役の鳳蘭さんもそうですが、出演者の皆さんが素晴らしい!
歌も演技も見惚れる。聞き惚れる。
今陽子さんにはもう少し歌って欲しかった…

前半の台詞は、思い出を語るため説明台詞が多かったですが
ココのプライベートを知らない私にはありがたかったです。

喜怒哀楽がしっかりわかり、飽きない舞台でした。
ニナ・リッチにかける言葉遊びなども面白かった。

最後は胸を打つ内容で、じーんとしてしまいます。

カーテンコールは小芝居があっておもしろかったです。

客電が点いても、拍手が鳴り止みませんでした。

また観に行きたいです。

印象的な言葉は、
「美しく飾ろう、自分の人生を」
でした。
外見だけでなく、中身も一緒に飾りたいです。

ココの様に、魂は売らず自分の信念を貫きたい。
どんな結果が待っていても…。
                      バージョンアップ完了!


今回も誘われて行ってきました。
感謝感謝です。

8月から映画があるようです。
ココの誕生日の8/19には、会場によってはプレゼントがあるようです。


2009/07/17(金)11:12
聞いたことの意味を考える”って大切
    自分の脳にインストール     Enter


福山雅治 『20th ANNIVERSARY WE'RE BROS. TOUR 2009 道標』
2009年7月12日(日)15:30開場  17:00開演 (20:25終演)
会場 横浜アリーナに、パートナーと一緒に行ってきました。

横浜アリーナは、20周年らしいです。
先月、タッキーソロを観に行った時は、気付きませんでした。


SS(スペシャルサポーター)席の方は、入場口が違いました。
Tシャツと引き換えに、チケットに捺印されるようです。
更衣室が用意されていました。

Tシャツ代が入っているからチケット代が高かったのね。
バックステージで、ましゃに近いから高いのかと思ってました。



ライブは、NEWアルバム『残響』とおなじみの曲がバランスよく入っていました。

実は、『残響』を買ってなくて、初めて聞いた曲がチラホラありました。
あやうく潜在意識で聞いてしまうところでした。

トークは、相変わらずエロかったです。
あと、振りも… (@_@)


「残響写真館」の写真は、中学と高校の卒業アルバムの坊主頭の写真と、
3ヶ月間就職していたときの社員証らしい写真でした。
サラリーマン時代の写真は、かっこいいです!

うちに入社してくれれば、大切に大切に育てたのに……
今からでもアルバイトで来て欲しい!
でも、自分の仕事が捗らないかも…(^_^;

坊主頭の写真には、U字工事の「ごめんね ごめんね~」の
フキダシが付いていました(笑)



お約束の重大発表もありました。
「ついに……けっ……」から始まった追加公演の発表。

代々木第1体育館です。
9月23日(水・祝)・24日(木)・26日(土)・27日(日)の4日

ましゃ「23日は祝日だから来ることできるよね?」
客「はーい」
ましゃ「24日は週末だからなんとか来ることできるよね?」
客「はーい」
ましゃ「26,27日は休みだから来ることできるよね?」
客「はーい」
ましゃ「来てくれるかな?」
客「いいともー」


横アリ翌日には、会報&申し込みの案内が届きました。
がんばって行ってきまーす!


追加公演はうれしいけど、名古屋がファイナルじゃなくなり、
がっかりした友達もいました。
無理して調整してたのがかわいそうです。




ライブの最後(アンコール前)の曲は、『道標』でした。
初めて聞いた時に、すぐにおばあちゃんのことだと気付きました。
家族のことを、こんなに素敵な歌に込められるってうらやましいです。

ひねくれて育った私には、とても真似できない。
10代の頃に聞いていたら、うっとおしいだけだったはず。
でも、今はちょっと違う。
少しずつ気持ちが変化している…

最近、親や先祖への感謝について書いてあることを
メルマガとかで読むことが多かったです。
お盆だから???

御先祖さまは、子孫の幸せを願っていると書いてあるのを読みました。
確かに、自分も子供の幸せを願っています。
親も祖父母も同じなんでしょうね…。
そんなことに気付かないで過ごしていた十代。
感謝が足りないから、うまくいかない時があったのかも。
ましゃの歌でも、そんなことを気付きました。

今からでも間に合うはず。
                      バージョンアップ完了!


グッズはかわいいのもあったけど、何も買いませんでした。
「ごめんね ごめんね~」


2009/07/08(水)22:21
五感のビタミン”って大切
           自分の脳にインストール     Enter


新進気鋭のフランス人ピアニスト
ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ ピアノ・リサイタルに、
パートナーと一緒に行ってきました。オホホホホ
2009年6月20日(土)
開場18:30 開演19:00 終演21:10(途中休憩有り)
場所:サントリーホール

ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ氏は、
1986年生まれで、8歳からピアノを始め、
ショパンの再来と言われているとか…

何度か来日しているそうですが、知名度はイマイチらしく
2階席は空席がありました。

クラシックに疎い私など初耳の名前でした。すみません…

なぜ行く気になったかというと、
華道家 假屋崎省吾先生のご推薦があったからです。

用事があったのですが、
「美しいお花に触れるのも大切だけど
良い音楽を普段から聞くのも大切よ」
のお言葉に、ぐらぐら揺れて行ってきました。

人が良いと言っていることは
   すぐにやる!
のを心がけている今日この頃だから…



サントリーホールはお初でした。
多少歩いても交通費がかからないルートで行ってきました。
10円でも20円でも節約しなきゃー

ホール手前に、『カラヤン広場』というのがありました。
故ヘルベルト・フォン・カラヤン氏がサントリーホール設計のアドバイスをしたので
この名前がついたらしいです。
たまたまテレビで紹介していたのをパートナーが見ていて
教えてくれました。


開場時間に、正面玄関の上のパイプオルゴールが鳴り始めました。
クラシックコンサートに「来た~!」って感じです。

0620



来場者の服装は様々でした。
TシャツにGパンの方もいれば、スーツの方もいました。
素敵なショールを巻いた方や、小物使いが素敵な方もいて
目の保養になりました。
私達夫婦は、ライブルックではなく
ちょっとだけおしゃれしました。
たまには、こんな夫婦の時間も良いですね。


1FにはCDの販売をしていました。
一般発売前の品も売っていました。
他のお店で予約した方は残念がっていました。


ドリンクコーナーとショップもあって、暇つぶしはできます。
ビールがおいしかった!
ショップは渋谷のBunkamuraに入ってるお店と同じかも。
ちらっと見ただけですが、同じ品がありました。


トイレの個室の数は多かったので、時間ぎりぎりに会場入りしても余裕かも。
休憩時間も少し時間をずらせばスイスイ入れました。




演奏はですね…
素晴らしかったですが、どこがどうと聞かれると困ります。
知ってる曲は無くて、ひたすら音のシャワーを浴びていました。

演奏に合わせて体を動かしている方がチラホラ見えました。
たぶん、ピアノを習っているのでしょう。

私は、途中、潜在意識で聞いておりました (-_-)zzz
疲れた体に、音のオーラが心地よい状態で… (^^;ゞ
α波どころか、θ波がいっぱい出て変性意識状態になっていたと思います。
直感力が上がったかしらー。



アンコールは出たり入ったりが5回ぐらいあって、
その度に1曲弾いてくれました。
さすがに最後は会釈だけでしたが…。
ロビーに演目が書いてあったけど、
さーっぱりわかりませんでした(^^;ゞ
1曲ぐらい素人でも楽しめる曲を弾いて欲しかった。

猫に小判。
豚に真珠。
馬の耳に念仏。
犬に論語。
馬の目に銭。
そんな言葉が多少よぎりましたが、
きっと何かしら私の中に入ったと思います!
                 バージョンアップ完了!


終演後は、1Fの奥の通路でサイン会がありました。
假屋崎省吾先生は、そこでジャン=フレデリック・ヌーブルジェ氏と
挨拶&写真を撮っていました。
一般の方も、ツーショット写真が撮れました。
サービスが良いです。
えー、もちろん、私もサインして頂きました *^_^*


CalendArchive

プロフィール

☆TERUME

Author:☆TERUME
仕事も遊びも100%の
 あくてぃぶママ。
30年近く会社勤務の図面ジェンヌ。
結婚・出産・昇進を経験。
これからの人生をおもしろく、且つ後輩のロールモデルとなるべく自己プロデュース中。
自分が変わるために、出会った人達から色々学んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2アフィリエイト
リンク